ゆんたくダイアリー

新入社員2018

東では桜が終わり、若葉の季節に移り変わってきました。
桜が終わってしまって残念ではありますが、新芽の明るいグリーンに染まった景色も素敵ですよね。
さて、今年も弊社グループに若葉マークを付けた新入社員が18名入りましたので、早速ご紹介したいと思います。

自分は○○男/女です!
・自分は涙もろい男です!
 映画やスポーツの試合等を観て泣くことが多いためです。
・自分は家庭男です!
 料理が好きで家事が一通りできるからです。
・自分はメガネ萌え男です!
 メガネっていいですよね?(笑)
・自分はインドア派なのに、趣味がアウトドア女です!
 父の影響でバイクツーリングやサーキット走行、三中釣りやスキーが趣味です。
 ただ、インドア派なので自宅で本を読んでいる時間が一番落ち着きます。

学生時代の一番の思い出
・中学、高校でサッカーをしていて、中学では京都府1位になりました。
 中、高で仲間と共に戦ってきたことが1番の思い出です。
・友達と熱海旅行をしたことです。
・3年間続けたアルバイトです。
 教わる立場から教える立場に変わっていったり、
 その時々で自分に求められる役割が変わっていくことがとても楽しかったです。
・鹿児島に研究発表で訪れた際、食事がどれも美味しくて感動しました。
 きびなごや灰干し魚など、どれも魅力的でした。
 桜島の影響か、洗車屋に火山灰防止コーティングがあるのが興味深かったです。

休日の過ごし方
・友人とのお酒、マイブームのボルダリング、予定のない日は家でテレビを見るか、近所を一人で散歩
・空手、アルバイト、友人と外出
・ドライブ、山歩き、コーヒーの焙煎・抽出、猫と花の世話、自転車で散歩
・音楽、散歩して新しいお店の発見、お酒、麻雀、ボードゲーム

子供の頃なりたかった職業
・バスの運転手、飛行機のパイロット
・絵に関わる仕事
・お花屋さん
・ゲームクリエイター
・板前、パン屋、パティシエ
・図書館の司書さん

理想の上司を有名人でたとえると
・ドラマ相棒シリーズの水谷豊さん演じる杉下右京さん
 彼は常に真実だけを追い求め、上とぶつかっても信念を貫き通す姿に憧れました。
・反町隆史さん
 自分に甘い所があるので、厳しくなおかつ大らかに指導してもらえるような上司が理想だからです。
・柴咲コウ
 とにかく好きです。
・阪神タイガースの1軍監督を務める金本知憲さん
 面倒見のよさと、自身も努力を怠らず長期にわたり結果を残し続けたその頼れる背中を見せることの
 できる人だからです。

志望動機、入社を決めたポイント
・環境に関する会社に入社しようと決めていました。
 その中でも廃棄物について大学で学んだことが大きいからです。
・会社ごとに廃棄物の処理方法を変えて、適切な処理を行うことに興味を持ったからです。
・廃棄物処理を通じ、経済的な役割を果たすと同時に、
 環境保護にも多大な貢献をしていることにやりがいを感じ、入社を決めた次第です。
・他業界よりも「人間としての責任」を伴う点と、「廃棄物処分に最後まで関わることができる」点です。
 特に最終処分場を保有していることから産業廃棄物をどのように安全・適切に処理するかだけでなく、
 埋立て後のモニタリングなど、「産業廃棄物の行く末」まで考えることができることに惹かれ入社を
 決意しました。

入社後の意気込み、抱負、やってみたいこと
・さまざまな物質を安全に取り扱うためにも、専門資格を数多く取得し、技術や知識をしっかり
 身につけて行きたいです。そのため、まずは覚えるべき仕事を地道に覚えていこうと思います。
・努力し、日々誠実に仕事に励むつもりです。どうかよろしくお願いします。
・入社したら一日でも早く一人前の社員として認めて頂けるように、精一杯仕事を覚えて会社に
 貢献したいと思います。そして後々入社してくる後輩達に尊敬されるような上司になりたいです。
・一社会人として、環境問題にいろいろな方面から取り組んでみたいです。

『産業廃棄物業界』のイメージとは
・環境と社会をつなぐ大きな業界です。
・誰かがやらなければならない必要不可欠な業界です。
・環境保全、縁の下の力持ちという存在です。
 イメージや細かな内容が一般の人たちにとっては把握しにくそうで残念です。
・当初は、きつい・危険など負のイメージが比較的強かったのですが、現在では、環境問題が注目
 されている今の社会にとって必要不可欠な業界というイメージに変わりました。

新入社員の皆さん、ご協力ありがとうございました。
毎日覚えることが多くて、慣れるまでは大変かと思います。
同期との横との繋がり、先輩との縦の繋がりを大切にしながら、新生活を過ごしていってほしいと思います。